オンラインセミナー宗教史の視点から「老い」を再考する

宗教史の視点から「老い」を再考する

ー 老いはスティグマ(呪わしい標)か、成熟の試金石か?ー

 

「人生百年時代」が当然のように喧伝される社会が到来しました。百歳の方が、メディアでクローズアップされた時代と違って、高齢者に関わる問題が、社会的問題として広く共有されることになりました。高齢者にとって、財政、心身の健康管理、家族関係、介護、孤独などのテーマが、より深刻になって来たからです。高齢者をめぐる問題は、グローバルに共通した部分も多いのですが、文化圏によって、高齢者の立ち位置、高齢者観などに微妙な差異があり、高齢者問題としてひとくくりにできない、と感じます。例えば日本では、人のお世話になるのが心苦しいと感じる文化があるようです。ぽっくり寺の隆盛もそれを裏書きしています。家族観も変化し、「孤独」が問題化します。社会福祉の在り方、介護の在り方も時代にふさわしい変化が必要です。高齢者が、社会に埋没せず、自分らしく、尊厳と喜びをもって人生の第三ステージを生きる、そのためには、どうあればよいのでしょうか?試みに、キリスト教、仏教、神道における「老い」のメッセージと伝統を再考し、老いを元気に生き抜くヒントを探ってみたいと思います。

 

日 時: 2021年10月17日(日曜日) 11時~12時半 (10時45分から入室可能です。)

演 題:  宗教史の視点から「老い」を再考する

        - 老いはスティグマ(呪わしい標)か、成熟の試金石か? -

講 師: 岡野治子 (清泉女子大学名誉教授)

申 込: 2021年10月14日締切 

お問合せ: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 , Tel:06172-302116(中田)

   

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*

岡野治子氏紹介:

ボン大学ph.D. 清泉女子大学学長を経て、現在同大学名誉教授。専門は、宗教学、社会倫理学、ジェンダー論。フランクフルト大学、ザルツブルク大学等の客員教授として、宗教間・異文化間対話の講義を行う。著書に、Theologie im Japanischen Kontext,Iko Verlag 2002; Das Prinzip der "Harmonie" in den Religionen Japans, Grünewald Verlag 2020;『日本女性史再考 中世』藤原書店2000;『希望の倫理学』知泉書館2012など。

 

                                      ライン・マイン友の会事務局

Lutherweg

Lutherweg(ルターの道)

 

しばらく足踏みをしていた春も、どうやらやっと動き始めたようです。天気予報によりますと、これから復活祭にかけては春らしい陽気が続くようです。一方、新型コロナウイルスを巡る状況はかなり深刻で、現行の制限措置が4月18日まで延長されることになりました。従って、遠足や懇親会など、多くの人が集まって行う活動は、ここしばらくは望めそうもありません。

 

このたび、当会と友好関係にあるEvangelischer Verein für Innere Mission Frankfurt より、 “Der Lutherweg auf eigene Faust” という全12ページからなるフライヤーが届きました。500年前、ヴォルムス帝国議会に召喚されたマルチン・ルターは4月2日にヴィッテンベルクを出発し、ヴォルムスへ向かう途中、4月14日にフランクフルトに立ち寄ったそうです。Innere Missionでは、この500年という記念すべき年にちなみ、巡礼ツアーを企画したそうですが、現状では実行が不可能ですので、各人が案内人なしに個別にLutherwegを歩いて楽しめるよう、フランクフルトの部分のみを纏めてフライヤーにしたとのことです。ご興味がある方は、以下のURLをクリックし、Innere MissionのHPをご覧ください。

https://www.innere-mission-ffm.de/angebote/pilgern/alle-pilger-angebote/

 

また、Lutherweg(ルターの道)に関しての詳しい説明、ルート、フライヤー等は、以下のURLでご覧になれます。

https://www.lutherweg1521.de/

 

ここしばらくは良いお天気が続くようですから、太陽の光を存分に浴びて、ビタミンDの欠乏を防ぐためにもLutherwegを散策してみるのも良いですね。

昨年5月に予定していましたヴォルムス(Worms)への遠足もなかなか実現しませんが、近いうちにその時が来るよう、願って止みません。

 

ライン・マイン友の会事務局

中田代表、春の叙勲で旭日双光章受章!

中田代表、春の叙勲で旭日双光章受章!

 

ライン・マイン友の会の皆様

 いよいよ緑香しい季節となりましたが、コロナウイルス感染拡大も収束というにはほど遠く、私たちの生活はいろいろな面で制限され、なかなか晴れ晴れしい気持ちになれないのが現実です。一日も早く平穏な生活を取り戻せるよう願うばかりです。

 さて、今日は、この鬱陶しさを吹き飛ばすようなとても明るいニュースを皆様にお伝えいたします!

 令和二年春の叙勲における、中田ヘルヴィヒ 恵子代表の「旭日双光章(きょくじつそうこうしょう)」受章が本日(4月29日)正式に発令されました。この勲章は、中田代表の「在留邦人・日系人への福祉功労、日本国在外公館業務功労」に関しての長年の功績が認められ授与されるものです。

 ライン・マイン友の会にとりまして、中田代表の旭日双光章受章は、何よりも嬉しいニュースです。この栄誉ある受勲の喜びを中田代表とともに分かち合い、今後のライン・マイン友の会の一層の発展と結束を願うとともに、中田代表のご活躍とご健康を心からお祈りいたします。

                                                                                         ライン・マイン友の会事務局