7月14日 マインツ歴史散策

ライン・マイン友の会の皆様

夏とはいえ、気温が低い日々が続いていますがお元気でお過ごしでしょうか。

さて、恒例の大澤先生のご案内による歴史散策の日取りが決まりましたのでご案内申し上げます。

今回はラインラント・プファルツ州の州都であるマインツを散策いたします。当日は、古代ローマ人が築いた劇場跡(Römisches Theater)を起点に、Zitadelleを散策し、シャガールのステンドグラスで有名なSt. Stepfan教会に行きます。ここでステンドグラスを見ながら静かな時間を過ごしたのち、Gutenbergplatzにあるレストランで会食・歓談の時間をとります。その後は、大聖堂を見学し、Alt Stadtを散策します。最後に、もし時間的に余裕があれば、お茶の時間を取ることも考えられます。集合時間等は以下の通りです。

 

日時:    7月14日 13時より17時頃まで

集合場所:  Mainz Römisches Theater駅付近

                     場所は参加者の利用交通手段を調べたうえで決定します。

申し込み:   このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (柴山)  先着15名まで

       参加申し込みの際には現地までの交通手段をお知らせください。

締め切り:  710    

お申込みいただきましたらすぐに確認のご返事を差し上げますが、数日しても返事が来ない場合は、メールが届かなかったことも考えられますので、私の別のメールアドレス このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  にご連絡ください。その他、集合場所など詳細は参加ご希望の方には別途ご連絡いたします。

 

なお、本メールの表題に添え、24/2024 と数字が振ってありますが、これは2024年になって事務局から発信されたMM24番目という意味です。連絡漏れを防ぐ措置として、今後のMMでのお知らせには番号を振ることにいたしました。過去に受け取っていないメールの有無の確認にも役立つことと思います。

 ライン・マイン友の会 事務局     柴山恵子

講演会「心臓 :Jede Minute zählt」

講演会 「心臓:Jede Minute zählt」のお知らせ                                 

このたび、日本文化普及センターと共催で、現在も心臓内科の臨床医として医療に携わっておられるオルブリッヒ教授をお招きし、心筋梗塞とその対応について講演会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

 

      日時:  2024年3月16日 (土) 16時から17時半 

      場所:      日本文化普及センター

                   Roßmarkt 13, Frankfurt a.M.    

  講師:    Prof. Dr. Hans Georg Olbrich

         フランクフルト大学病院を経て、ランゲンのAsklepiosKlinikではカテーテルとペースメーカーを専門とし、心臓内科部長を務めた。現在もその病院に隣接するFachärztezentrumの内科にて週2回心臓や高血圧専門の臨床医として勤務。 

      講演内容:  心筋梗塞の原因や発作の症状ついて、発作が起きた時に居合わせた人はどのように心臓マッサージを施すのか実際に人体モデルを使って、参加者にも体験していただけます。(言語ドイツ語)                                       

    申込先:   E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

             またはTel 06172-302116 (中田)  

なお、会場の準備の都合上、3月12日までにお申し込みください。

 

(社) 日本文化普及センター                公益法人 ライン・マイン友の会

オンライン講演会『高齢時の住まい』

 

         オンライン(Zoom)講演会 「高齢時の住まい」

        2024年2月18日(日) 10:00~12:00 (開場9:50)

年を重ねると、体調や家族構成が変化し、住み慣れた自宅での生活を見直さなければならない時が来るだろうと漠然と考えていらっしゃる方は多いと思います。

自宅を住みやすく改築する?

思い切って引っ越す?

引っ越すならどこへ?何を考慮すべき?

老後も自分らしく生活するために、「住まい」については、まだ自分が動けるうちに検討することが望ましいでしょう。講演会では具体例を見ながら、一緒に考えましょう。

 

演者   シュペネマン望氏(デーヤック友の会代表)

     「高齢時の住まいの選択肢~自宅・介護施設・グループホーム」

       中田ヘルヴィッヒ惠子氏(ライン・マイン友の会代表)

               「サービス付き高齢者住宅Betreute Wohnung: フランクフルト市内の例」

               「日本での高齢時の住まいの選択肢」

お問合せ: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

ミーティング登録 - Zoom← お申込みは、前日17日正午までにこちらから。(定員80名)

お申込み後、Zoomサイトより確認メールが届かない場合は、メールアドレスの

入力に間違いのある可能性がありますので、お問合せください。

                                     ライン・マイン友の

中田代表、春の叙勲で旭日双光章受章!

中田代表、春の叙勲で旭日双光章受章!

 

ライン・マイン友の会の皆様

 いよいよ緑香しい季節となりましたが、コロナウイルス感染拡大も収束というにはほど遠く、私たちの生活はいろいろな面で制限され、なかなか晴れ晴れしい気持ちになれないのが現実です。一日も早く平穏な生活を取り戻せるよう願うばかりです。

 さて、今日は、この鬱陶しさを吹き飛ばすようなとても明るいニュースを皆様にお伝えいたします!

 令和二年春の叙勲における、中田ヘルヴィヒ 恵子代表の「旭日双光章(きょくじつそうこうしょう)」受章が本日(4月29日)正式に発令されました。この勲章は、中田代表の「在留邦人・日系人への福祉功労、日本国在外公館業務功労」に関しての長年の功績が認められ授与されるものです。

 ライン・マイン友の会にとりまして、中田代表の旭日双光章受章は、何よりも嬉しいニュースです。この栄誉ある受勲の喜びを中田代表とともに分かち合い、今後のライン・マイン友の会の一層の発展と結束を願うとともに、中田代表のご活躍とご健康を心からお祈りいたします。

                                                                                         ライン・マイン友の会事務局