講演会「高齢者の心の病」 

ライン・マイン友の会の皆様

 

秋の気配が漂う今日この頃ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

このたび、「むすび」及びDeJak-友の会との共催で、以下のように講演会とむすびカフェを開催いたします。

お昼のむすびカフェをはさんで、午前と午後講演会があります。詳細は添付のフライヤーをご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしています。

 

             講演会と第5回むすびカフェ

         今後に生かせる認知症の知識 &みんなで学ぼう日本の介護事情

 

皆さんが老後について考えるとき、心配なことの一つが認知症だと思います。

その認知症への予防や対応策について知っておきたい方はたくさんいらっしゃると思います。

また、日本で生活しているみなさんのご両親や、自分自身の今後の生活(もし日本に帰国して老後を送るとしたら、など)

について考えるとき、日本の今の現状を知っておくことができると、大変助かりますね。

今回の講演は、認知症をさらに理解するために、認知症の疑似体験を通して心のバリアフリー化をしたり、どうして妄想が

出てくるのかなど、参加型の内容です。

また、午後の部では日本の医療や介護保険、福祉制度、成年後見制度(自身が日本で介護を受ける場合、また親族を

介護される場合を想定)などについてのお話もあります。

介護保険制度や成年後見制度については、日本とドイツを比較しながら、分かりやすくご説明くださいます。

施設を選ぶ際の重視ポイントや施設の探し方など、細かいところまで手の届く内容となっています。

 

日時 2017108 

●11:00~12:30 講演会「高齢者の心の病」 (ライン・マイン友の会、Dejak-友の会共催)

●12:30~14:00 むすびカフェ 今回は皆さんとお昼を食べながら、今後のむすびカフェのテーマなどに

          ついて意見交換します。

          お弁当(14€)を希望される方は、お申し込みの際にお伝えください。

●14:00~15:30 講演会「日本の介護事情」(ライン・マイン友の会、Dejak-友の会共催)

 

会場         Evangelische Zentrum

             Rechneigrabenstr.10, 60311 Frankfurt am Main           

 

参加費     会員無料非会員 €4

お申し込み    吉濱はるみ E-Mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

      ※10月5日までにお申し込みください。

講師   井手順子氏 看護師精神科認定看護師)/介護支援専門員

         現在、大内病院東京都認知症疾患医療センターで精神科認定看護師とケアマネージャーをされています。また、

         その一方でNPO市民後見センターさいたまにて成人市民後見に対する認識や活動を広めていくことに力を入れておられます。 

 

    主催 フランクフルト公益法人日本文化を意識して活動する会http://musubi-frankfurt.jimdo.com/

     Verein für japanische Ehrenamtliche MUSUBI e.V

 

ご不明な点は中田まだお問い合わせください。

(Tel 06172-302116, E-Mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 )

                      

                         ライン・マイン友の会事務局